【素人動画】第46号 今までにないぐらい**体系!超絶ローリ!プレミア級!お早めに!

アギトくんのFC2ライブ録画でシコってまいりましょう!
今回登場するのは激ヤバロリ体系ちゃん!
顔も体もまんこもミニすぎて!凄く童顔超絶かわいくプレミア級のライブセックス!
舐め方エロいフェラ!犯されてるようなバック・騎乗位・正常位!
最後はお腹にザーメンぶっかけました!

正式タイトル【素人動画】第46号 今までにないぐらい**体系!超絶ローリ!プレミア級!お早めに!

3月31日、年度末最後の日はやはりアギト!アギトくんではじまり、アギトくんで締める、コレですよ。彼女はそれにふさわしい素人さんですな~、反応抜群、そして童顔ロリでカワイイ。アギトファンにはお馴染みのロリちゃんだ。前作の記事を見返したが、名前やっぱわからん。
新社会人も4月から仕事でしょうけども、スマホにお気に入りのエロ動画をしのばせて、少しでもストレスたまったらすぐシコる!これで乗り切りましょう。

敏感ロリ系素人に電マをあてると

エロいな~

さて動画がはじまった。まずはおっぱいを背後から揉み揉み。変態リスナーと会話しながらカヲルくんが背後から乳鷲掴み。乳首を触れるとロリちゃんはやくもスイッチ入っちゃって

乳首感じるの?

うん

うなだれてもう喘いでる。ちょっと敏感すぎやしませんか。一速で100km出る車のようだ。

ただ動画時間は短いのでゆっくりしてられない。アギト動画でお馴染みのハートのトランジション編集でつぎつぎ場面が切り替わる。M字開脚シーンになり、パンツの隙間に指をいれる

めっちゃ濡れてるじゃん?

はぁっ・・・ぁあぁっ・・

どんどん垂れてきてる、ホラ

指先をカメラにみせるとロリちゃんの大量の愛液がこびりついていた。反応属性向けの反応

ニットセーターを脱いで試合再開。リスナーから揶揄される照明、黄色が強い。髪の毛はエクステでしょうか、カラフル。ピンクのボーダー柄パンツと黒のニーソという格好でM字

めっちゃいいスタイル。みんな。これじゃね?明るさ

再びM字開脚からの電マ責め。ぶいぶい唸った電マの先がおまんこに触れる。これには悶絶

あぁっ・・あぁっ

まだ弱だよ?みんな、強くしていっていい?

すごい腰使いだ。電マ以上に腰がうなりをあげている。首を後ろにのけぞって悶えてる。マスクをしてるのに苦悶の表情が仕草だけでつたわる。そしておまたせしました、スイッチ強!

ぁぁーーっ

パンツのドアップで顔がみえないのが残念だが、悶えて感じまくる喘ぎ声は聞こえてくる。

とろとろになってるのみようか、すごい糸ひいてる、パイパンやん、トロトロ!

横から隙間のおまんこ拝見。暗くてよく見えない。ねとねと音がする。指でなぞられるたびに気持ちよさそうな声をあげる。感度も敏感で喘ぎ声もよい。指をみせると糸をひいていた

再び電マをあてがう。幼児体型のロリちゃん仕上げの電マ責めに脱力しながら果てていた

きもちいいっ・・・

あたってるよ、クリちゃんにピンポイントに

 濡れ濡れぐちょぐちょおまんこ濃厚クリ責め配信

そして有料へ。画像右上、おまんこと顔登場!管理人、このおまんこ責めで何回か抜いてますね

濡れたじゅくじゅくまんこアップがくっそエロい。ちょっとたまってる日にみたらあっという間にシコれそうな景色。電マですっかり濡れて敏感なった完熟マンコ、クリの皮を剥き指でこすれば困り眉したロリちゃん泣きそうな声でヘブン状態「気持ちいい」と甘い声で喘ぐ。たまらん

すごい濡れてるじゃん、ここ?

そこっ

ここのねっとりクリ責めは最高級のクオリティ。顔もどーでしょう、カワイイとおもいますよ。歯並びがちょっと残念だけど、それ以外はおおむね合格。おまんこはビラも歪じゃなく綺麗です

ただちとアングルが悪い。ドアップアングルがつづいたため、リスナーからダメだしくらう

(コメント)全身がみえる体位で?

とリクエスト。ディスプレイをチラ見してリスナーの視線を意識しながら感じている。気持ち良さと変態リスナーに見られてる恥ずかしさと、見られたほうが感じる自分の変態さの要素が結合して平常心を失ってます。頭パンク状態、脳汁と愛液をダダ漏れさせながら喘いでました

これ発見した同級生涎垂らしてシコってますよ。この異常な興奮がライブ配信の醍醐味ですな

みんなにもっとみてもらおうか

やばっ・・きもちいいっ・・・

中指でクリトリスをこちょこちょ擦る。すでに濡れているので天然のローションになり、指だけでイキそうな感度。そのまま指二本をいれながら手マン。横に移動したカヲルチンポを握り

やばいっ・・でかいっ

と勃起ちんぽを手でにぎにぎ。顔はロリ系なのにドスケベ淫乱女のギャップがよろしい

(コメント)くわえちゃえ、だって

そのままパクっとフェラチオしようとするが、カヲルくんの指はおまんこを攻め続けているのでフェラに集中できない。まんこは非常に小さく、締まりがいい。少し手マンを強めただけで

ああぁっ・・・はぁっ・・・だっ・・イっ・・く・・・

と果ててしまった。マン屁のような下品な空気が押し出された音。最後はぬめぬめのおまんこをドアップで御開帳。この一連のおまんこ責めはやっぱ抜けるよね。何回みても良いものは良い

幼い顔してるくせに淫乱だからクリを擦られてのたうち回って感じるのがすごいツボ

 涙目くちまんこフェラ

つづいてフェラチオシーン。涙目のように潤んだ瞳が特徴的。常に困り眉でカメラをみつめながらカヲルくんのビール瓶型チンポを小さい口に押し込んでいく。商品説明の「チンポと顔が同じくらいの大きさ」という表現ぴったりですな。顔がほんと小さい幼児体型が奉仕するのだ

(コメント)ぺろぺろもだって、カメラ目線で

亀頭を舐め横から舌を滑らせる。縦笛を持つようなちんぽの持ち方に萌える。奥まで咥えようとするが餌付いてしまう。だがリスナーに気に入られようと喉奥まで賢明にちんぽを押し込む。

画像右上、泣きそうな表情。彼女は今にも涙こぼれそうな潤んだ瞳の上目遣いフェラがヤバイ

「これでいいの?」とうったえるような視線。テクはそこまで感じないけど、犯罪級にエロい

 手マン→フェラ→騎乗位→正常位→バック→正常位→腹射→手マン

ちっちゃいよこのまんこ、マジ幼児体型、みんな入ると思う?これ

さてフェラチオの後もすこしおまんこ弄りが続く。バックの格好をさせて軽く濡れたアワビをいじくったあと再びM字開脚させて激しい手マン。よがりながら横のちんぽを手がもとめてる

あぁっ・・イクいくぅっ

腰をがくがくさせながらイっちゃいました。おまんこ周辺濡れ濡れ。何回イったのだろう。表情がおねだりしてる。息遣いも荒くテンションあがりまくって横のちんぽをパクっとくわえた。

この辺はやや冗長気味。再びフェラチオでチンポをおっきさせてから挿入です。残り12分程

じゃみんな入れるよ

さて挿入は騎乗位から。激しく腰を動かす。慣れた腰使いが彼女の経験人数を喚起させる。ちんぽが大きいと口に出す。おそらくアギトくんがでかいってよりロリちゃんのおまんこが相当狭いんじゃないかとおもいます。小柄なのでガバガバにならない永久処女みたいなもんですよ

やばいっ・・おっきぃ・・はぁっ・・はぁっ

(コメント)膝ついて前後にはげしく、だって

上下にだむだむと揺れる。トランポリンで遊ぶ幼女みたい。後方アングル。パンパンのキンタマと桃尻が揺れている。ぷるんとして丁度いいサイズの胸。正常位では強ピストン!

あぁっ・・やぁだっ・・気持ちいいっ

この日一番いい声で喘いでいた。全体的に声がよく出てる。男が好むかすれ気味の喘ぎ方

バックする?

バック頭を上下に振って喘ぐ。真正面からのアングルになると激しい悶絶して中イキしてた。

きもちいっ・・きもちいいっ・・奥まで来るうぅ・・あぁいくぅ

締めの正常位。もう顔の汗で髪の毛がへばりついてた汗だく濃厚セックス。もうリスナーとか意識してないな。一匹の牝と化してちんぽに狂っておる。カヲル君のしかかって強ピストンして

ぁっ・・!

フィニッシュはお腹へ!

イっちゃった・・・はぁっ・・はぁっ

乳首のほうまで精子が飛散してた。ひくひくした彼女のおまんこチェック。最後まで敏感な反応、触れるたび強く反応する。事後、余韻に浸る間もなく手マンをあびせられたロリちゃん。

くぱぁして

こう?

ラストくぱぁ。51号でアギトNo.1作品を生み出す彼女の伝説はこうしてはじまったのである

糸冬

 
まとめ&サンプル動画

これは抜けるでしょう。アギトくんの中でも特に売れてるコだ。感度もいいし、敏感で濡れやすい。窮屈そうなオマンコをかき回すとのたうちまわるように喘ぐのが抜ける。反応属性はニヤニヤしながら抜けちゃうでしょう。そしてあの破壊力異常な涙目フェラね。もうねぇ・・、ロリ顔であの困り眉した上目遣いってヤバイですよ。アギトくん風に言うとヤヴァイです。懸命に狭い唇にぎゅうぎゅうちんぽを押し込む感じ。Sじゃない管理人ですら後頭部つかんでぐいぐい押し込んでいじめたくなる表情だった。騎乗位ではぴょんぴょん飛び跳ねるドスケベっぷり。これは生でみたかった

難点は画質、この頃よくない。全体的に黄色が強いんだよね。あと歯並びだけ残念

ま、アギトくんで抜けないの外人回とマッサージ回だけだから氏のファンなら楽しめる。36分だけど、圧縮されてるからほかの弾より冗長感がないし。彼女はまんこもいいね。ビラが薄くて平坦な形状、管理人好み。しかも濡れやすい。ロリ属性、反応属性、ライブチャット属性は是非。
これは仕事に意気込む新社会人達にオススメしたい一本ですな

 
 

 Clickで動画へJump

©アギト

 アギト殿堂入り動画

コメントを残す