いのうえ ごろー かなでちゃん 顔出し!現役学生プリっプリ18歳 えっちな黒髪メガネっ娘に生中出し!【個人撮影】

いのうえ ごろー氏の素人ハメ撮りでシコってまいりましょうかね!
今回登場するのは平日昼に学校終わりで来てくれた黒髪眼鏡のかなでちゃん18歳!
Hな事に好奇心旺盛の彼女は肌がぷりっぷりです!
清楚系な見た目からの吸引力抜群フェラ!ハリのあるおっぱい!ぷりっぷりの美尻!おもちゃは自ら使いこなす!
最後は大量中出しでドクドク精子注入しちゃいました^^

正式タイトル『【個人撮影】顔出し!現役学生プリっプリ18歳 かなでちゃん えっちな黒髪メガネっ娘に生中出し!』(高画質zip付き)

今回はいのうえごろー氏の彼女にしましょう。可愛いじゃないの、顔はちびまるこちゃんにでてくるたまちゃんのようでもあり、みぎわさんのようでもある。
ちょいブサで管理人的にちょうどいい色白黒髪の清楚系素人。こーいう勉強できそうな女の子はスキモノが多いってほりえもんの彼女(彼氏か?)大島薫の著書で読んだ。
IQ高い人は報酬系神経が発達してるので根はドスケベなんだって!
ほほぅ・・・大島薫で思い出したけど管理人もふと大島薫で抜いてしまったことがあってね・・あれは一線超えてしまった気がしてシコった直後ハゲしく苦悩した。
切れた・・僕の中で決定的な何かが・・切れた・・」ってジョナサン・ジョースターみたいに思いましたからね。

 メガネっ子素人かなでちゃん

カメラたくさんあるー、たのしい♪こんにちわーかなででーす

さて動画みていきましょう。カメラに向かって手を振るかでなちゃん。横のカメラにも手を振る。全く緊張してないようだ。ボディタッチしながら会話をする。この春高校卒業したらしい

胸けっこうあるね

おっぱいねー最近大きくなってEカップある

正に成長期。↑乳首が苺みたいに美味そう。画像右上、いのうえごろー氏が隣に座り、足を開かせベロチューを交わす。レロレロと互いの舌を絡ませ唾液交換。服を一枚一枚剥いでいく。

フリフリの服とインナーのリボンが可愛いですな。肌の瑞々しさが最高なんですよ彼女は

スベスベだねえ

下にすりすりと手がのびて、黒の見せパン、ガーリーブルマっていうんだっけコレ?その上からオマンコを揺するように触るが反応は薄い。脱がしてパンツ一枚にしてM字開脚になった

めっちゃ恥ずかしいこれぇ

 18歳学生のローター電マ責め+ディルドオナニー

ロータースティックが登場した。太ももの周辺にあて焦らす。感じるというかくすぐったがる

でもおもちゃ結構すきかもぉー

まんこの上をローターが通り過ぎてもビクともしない硬い防御力。ピンクローターならどうだ?

・・・・ふふくすぐったぁい

ローターでまんこ攻めても乳首を焦らすように攻めても反応ナシ。感度弱いのかな。まだセックスは好奇心のほうが強く、快楽の目覚めは発芽段階ってところでしょうか、感じてはいるけど。

いのうえごろー氏がイジリー岡田のように超速舌使いでグミキャンディーに見える乳首をペロペロ舐めまわす。軽く勃起してきた、美味そうなんだよね、この乳首。乳首責めの次は電マ登場

ぁっ・・・

ピンク色の電マが画面に現れた。ブオォォっとベージュパンティの上に這わすと初めて吐息を漏らした。パンツ越しだが振動は強力で、腰を使いはじめている。

恥ずかしい

(服)とっちゃおうか

スカート・パンツを脱いで、おしりアピールした直後、おまんこくぱぁ!見せちゃった!

まんこは綺麗だな。Iライン周辺に直毛が伸びているものの、薄桃色の淫扉はいい形をしている。

恥ずかしいんだけどやっぱりぃ

なかなかうまそうな赤貝だ。男に吸われてなさそうな色合いで、醤油垂らして食べたくなる

あんまみないでぇ

クリトリスに直接ちょこんとローター棒の円球を当てる。ちょっと顔つきに余裕がなくなってきた気がする。息が荒くなってきた。にゅぷっと中に球体を滑り込ませると「あっ」と喘いだ

おぉ、すごいね

球体を取り出すと、ねっちょり愛液がついていた。反応は薄いがしっかり感じてはいるのだ

続いてローターを中に突っ込んだ状態で細長い玩具でクリをつんつんと弄んだ。まんこアップで1分程度続けただろうか、次の動物型ディルドオナニーのほうが彼女のテンションが上がった。

やばいこれぇ

なにがやばい

これクマ?パンダかなぁ、パンダが気持ちいい

バイブのベロの部分、パンダがちょうどクリトリスにあたるのだ。好奇心旺盛のかなでちゃん。

ズボズボし終わった直後、濡れたヘッド部分をペロっと舐める。自分自身のエキスを味わった

ふふ

まだ発展途上のソフトオナニー。管理人にとってはちと消化不良な玩具プレーだった。

 黒髪眼鏡素人の吸引力抜群フェラチオ

フェラチオタイム。横縞のボクサーパンツをズリおろすと巨漢に似つかわしくない幼きチンポが顔を出す。唇を近づけて吸い付くかなでちゃん。商品紹介によると彼女の吸引力は凄いらしい

おぉ~・・じょうずぅ

唸るゴロー氏。びゅくびゅくとちゅぱ音が鳴る。ゆっくり頭を前後に動かすと形状記憶合金が本来の姿を取り戻す。スローなストロークながら、唇の圧力は確かに感じる。左視点、主観視点、右視点へ多角的にカメラを移動し彼女の癒し系フェラを隅々まで堪能。先っちょにチュっとキスして笑顔になる。メガネっ子は画像左下、主観の時が一番味わいがあるよね、献身さがあるよ

たのしい♪

卑猥な唇。ベッドに移動して寝フェラ。テクは感じないものの、無邪気な微笑みがいいじゃない

 正常位→側位→バック→正常位→中出し

さあ、そんなこんなで挿入である。まずは正常位から。ちょっとマンコの入口で寄り道したあとにゅぷっと挿入。いのうえごろー氏のふくよかボディ、綺麗なショッカー氏みたいな体型だ

あぁっ・・・はぁっ・・

さすがにピストンされるとちょっとだけ声がでてきた。でもまあ、最後まで喘ぎ声は薄め

はぁっ・・はぁっ・・

撮影主もそこまで激しくピストンせず、付き合いたてのカップルのようだ。入れてる途中おっぱいを右手でコリコリつまむ。横アングル視点で見える彼女は腰を手に回してがっちりホールド。

清潔感あるしプニプニしてて気持ちよさそうな身体してるんだよね。締まりもいいみたい

おぅ・・キッツぅ

かでなちゃん自らカメラを回し、自分で結合部を接写。ハメ撮りの結合部、いいアングルだ。

あぁ・・あぁ・・・きもちいい

画像右上、横をむいて側位になる。おっぱいがぷるんぷるんしてたよ。すぐ終わったけど

セックスも玩具攻め同様ソフト展開ですね。ハードな強ピストンで大絶叫!というシーンはみられなかった。ただ若い女の子特有のスベスベ肌が見所か、まだHの楽しさを理解してないかなでちゃんだが、春までJKだった女の子のむちむちバディは一見の価値がある。

 美尻バックと機材トラブル

バックにする?

そだね、脱ごか

キタ━(゚∀゚)━! バック!この動画で初めて管理人テンションが上がる。この綺麗な背中っ。サンプル画像見た時点でココでシコることをケツ意していた。尻のボリュームと背中の窪み、肩甲骨の膨らみと艶やかなうなじ、たまらんじゃないかっ。管理人の脳内では孤独のグルメの勝利確定BGMが流れ出す、ごろーだけに。うむ、ハメ撮りって孤独のグルメみたいなもんだよね

んっ・・・んっ・・

おぉーきもちいい・・やばっ

ゴロー氏のメタボっ腹に尻がぽよんぽよんぶつかる。互いの弾力が見ててすごい気持ちいい

管理人、言うまでもなくココでフィニッシュを迎えた。反応薄めなのでこのバックがなかったら未紹介でおわったかもしれん。やっぱ尻がいいコは抜けるな。結合部はぬっちゃぬちゃ。ぷるっぷるの美尻破壊力抜群。続いては横アングルで、彼女のEカップが尖った姿を鑑賞。

下覗ける?

画像左上、ローアングルかっら彼女の顔を出して強ピストン。ここが一番喘いでいたかなぁ

突然正常位に切り替わる。なんか商品紹介で映像が途切れる機材トラブルに見舞われたようだ

中だしていい?

うんっ

突然フィニッシュの中出し!

抜いたチンポ。人差し指をまんこに入れるゴロー氏、かき出すとうっすら精子が漏れてくる。

やだー♪

映像は切り替わり、お風呂に入ってるかなでちゃんの様子。ちゃぷちゃぷと湯船に浸かってニカっと笑う。湯上りでスマホをいじってる姿を撮影されちょっと抵抗。最後は私服姿で帰路に着く

バイバーイ。

糸冬

 
まとめ&サンプル動画

んー、佳作ですかね!顔は平均、身体は抜群、反応弱し、値段安しで及第点でしょうか。ここが抜けた!って誰でも抜けるイチオシポイントはないんだけど、尻フェチ後ろ姿属性としてはバックシーンはそこそこツボる。
キュっとくびれた腰からぶわっと広がる尻のボリューム、肌の質感も素晴らしいよね。3月までJKだった若い子特有のぷるっぷるのスベスベ肌、男に吸われてない肌質って映像からなんとなくわからない?
乳首も可愛らしい苺型、甘噛みしたい衝動を抑えきれん。メガネフェチじゃないけど、お嬢様のような雰囲気を感じるので似合ってると思います。全体的に緊張せず落ち着いた大人の雰囲気が年齢を感じさせない。この落ち着き成分を松居一代にわけてほしい。そして松居一代の取り乱し成分がかなでちゃんに欲しかった。

難点は反応が薄いよね。あと顔が気に入るかが鍵。個人的にハードにいじめてほしかったな

まあ全体的に薄味とはいえ悪くはない、いろいろ惜しいんだよな。雰囲気は可憐なお嬢様風だし、まんこもピンク色の美マンだし、こーいうちょいブサ顔好きな人おおいんじゃなかろうか。眼鏡フェチ、黒髪属性なら楽しめる。
これは報酬系神経が発達してる人にオススメしたい一本ですな

 
 

 Clickで動画へJump

©いのうえ ごろー

コメントを残す